一口の大きさ 食べる力 自宅介護

シェアする

Pocket

食べることは

大事なこと

その人によって

仕事の職種によっても

そして

食べている環境や身体状況になどに

よっても変化していきます

特に歳を重ねるにつれて

食べる環境が変化しており

なかなか 噛む習慣のない

今の時代には

考えもつかないことも

出てきます

柔らかいものばかり

食べている人には

堅いものを

食べることが

苦痛に感じる人も

いるでしょう

しかし、

本来しっかり噛んで

素材の味を

味わうことも

食べることの

醍醐味でもあります

私の料理教室では

そこのお伝えも

させていただいております。

今は

家族の自宅介護を

通じて

いろんな気づきも

発信できたらと思っています

箸を持つ機会が少なくなり

食べ物の大きさも

全部 

一口くらいの

大きさのカットを

しています

< 柔らかく・一口大>

の大きさに

素材を揃えていきますが・・

時には

自分の好きなものは

多少大きくカット

されたものでも

気にすることなく

食べれます

いつも

不思議に思うのは

「 自分の好きなものには・・

躊躇なく食べれる」

ことです!

それだけ

人は食べる事に

貪欲なのかもしれません

だからこそ

誰と食べる・何を食べる・どこで食べる

を意識すると

もっと楽しいもの

になるかもしれませんね♪♪